健康を保つ治療

歯列矯正治療は、歯並びを治すだけではなく、咀嚼能力を高めることを目的としています。「美しい歯並びを手にれるための治療」だと多くの方が考えていますが、歯の本来の機能を高めるという、重要な役割も持っているのです。 この審美的側面と機能的側面を改善する矯正歯科治療は、全額自費での治療になります。健康保険を適用することが出来ないのです。そのため、虫歯等の一般歯科治療と比較すると、高額な治療費が必要になります。自費診療とは、それぞれの矯正歯科で、治療費を決定することが出来ます。各矯正歯科で決定できますが、一般的な治療費があります。矯正料だけで、80万円から100万円かかるケースが大半を占めます。この他にも、初診料・検査診断料・毎回の処置料は、別途必要になります。

従来、多くの人にとって矯正歯科での治療は、特別なものでした。今日程「歯並び」に対しての意識は高くなく、さほど重要視されていない時期が続いていました。 しかし、「歯並び」がもたらす口中環境や全身への影響が解明され、「歯並び」の重要性が広く認められるようになりました。この結果、矯正歯科治療を受ける人が増え、今日に至っています。 「矯正歯科」治療が広く普及すると共に、多くの歯科医院が歯列矯正治療を行なうようになってきました。我が国の制度では、歯科医師の資格があれば、矯正治療を行なうことが可能です。一方で、「矯正歯科専門医」という専門医師も存在します。一般歯科医の中でも、技術的に優れた医師もいますが、矯正歯科での治療を考えた時の参考にするのも良いでしょう。