高額案件を紹介

    誰でも一人前に仕事が出来るようになれば、もっと上を...

    Readmore

    働ける環境を得る

    何しろ、一流企業の案件を十分に成し遂げることが出来...

    Readmore

    営業マンの募集

    経理の求人に類似・競合するものに、営業マンの募集が...

    Readmore

経理の実務経験

電卓

バリバリと仕事を続けたいと思っていても、女性は結婚や妊娠・出産、子育てなどで仕事のペースダウンを迫られることがあります。
結婚によって遠方に引っ越さなければいけないような場合では、退職せざるを得ないこともあります。
そんなとき経理の実務経験があると社会復帰に有利です。
同じ事務系でも一般事務だとどうしても年齢が高くなるにつれて採用に結び付きづらくなってしまう現状があります。
経理では会社の1年のお金の流れを把握して適切に処理をすることが求められます。
そして業務の流れを把握するにはある程度の経験が必要とされます。
そのため応募者の年齢が高かったとしても、即戦力として期待できる人材が好まれる傾向にあります。

未経験

未経験からの転職を考えている場合、いきなり正社員になろうとするのはハードルが高すぎます。
そんなときは、まずはパートや派遣などから初めてみるのも一つの方法です。
パートや派遣なら正社員と比べて採用に結び付きやすいですし、働きながらキャリアを積むことができます。
ある程度の実務をこなせるようになったら、今度は正社員の求人に応募してみれば良いのです。
その時は実務経験必須の求人にも応募することができるようになっています。
また、従業員が少ない事業場の採用情報をよくチェックすることもポイントです。
従業員が少ないと一人当たりに任される業務範囲が広いことがあります。
すると例えば一般事務員として募集されていても、よく見るとお金を管理するような業務内容を任されている場合もあるためです。

経理の求人募集

関連する資格・検定の代表的なものとしては簿記検定がありますが、採用側からすると資格・検定よりも実務経験を重視する傾向にあるのが実際のところです。
求人募集でも資格より実務経験を必須としているケースを多く見つけることができます。
資格がなければできない仕事ではないですし、実務はより複雑な知識と経験が必要とされるためです。
しかし、簿記検定などの資格・検定を取得することにまったく意味がないわけではありません。
例えば未経験からの転職にチャレンジしている人なら基本的な知識を持ち合わせているという判断材料になります。
また、これから受験予定でまだ合格していない場合でも、新しい知識を積極的に学ぼうという向上心をアピールすることができます。

オススメリンク

高額案件を紹介

誰でも一人前に仕事が出来るようになれば、もっと上を目指してみ…Read more

働ける環境を得る

何しろ、一流企業の案件を十分に成し遂げることが出来れば、エー…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930