目立たない治療

歯列矯正というと、治療中に人から注目を浴びてしまうというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。歯列矯正自体は嫌ではない、むしろ、行いたいと思っていても、人から注目されることが嫌で治療を受けられないという人もいることでしょう。 言うまでもなく、注目を浴びてしまうのは目立つ矯正装置を装着するからです。しかし、現在では、歯と同色タイプや透明タイプの目立たない矯正装置があります。更には、まったく見えない、歯の裏側に装着するタイプの矯正装置もあります。ですから、現在では、注目を浴びることなく歯列矯正の治療を受けることが可能なのです。 但し、これらの矯正装置を用いた治療は現在のところ、必ずしも普及しているとは言い難い状況です。しかし、良い治療結果を出すだけではなく、治療中の患者の負担を軽減させることも歯科医療に課せられた使命ですから、今後、普及することが予想されます。

患者のことを考えた強制装置が存在することは喜ばしいことですが、一方で、未だに喜ばしくない状況も続いています。それは、料金に関してです。歯列矯正の料金は、全般的に高額です。料金の相場は子供の場合、50万円くらい、大人の場合ですと100万円近くもしてしまいます。 料金が高額な理由は、保険適用の条件が厳しいからです。その為、ほとんどの歯列矯正が保険適用外の治療として行われているからです。 保険の適用条件が緩和されない限り、この状況は続くことになりますが、料金の負担を軽減させる手段はあります。 手段とは、分割払いです。但し、分割払いを認めている歯科と認めていない歯科がありますので、事前に確認する必要があります。 また、医療費控除を受けるというのも手段です。年間の医療費を10万円以上支払っている場合、納めた税金の一部が確定申告をすれば還付されるというのが医療費控除です。但し、医療費控除も受けられるケースと受けられないケースがありますから、事前に確認する必要があります。